一般的な浸水対策

工業製品のデザインの目的とは

浸水対策の規模による違い

浸水対策とは水が侵入してくることによって引き起こされる害を防ぐ方法のことで、主に水に関する被害が出やすい地域や家屋で行なわれています。浸水の害が起る要因は台風や河川の氾濫などの自然環境の影響や家屋内の設備の損傷などがあり、これらの要因に対して水の流入を防ぎ財産や生命を守る事や排水を促すことが対策の目的になります。具体的な作業の内容は土嚢の設置や、防水排水設備の設置などが行なわれます。小規模な浸水対策の場合は個人で行い、専門的で大規模な作業が必要な場合は専門の会社に依頼するのが一般的です。

↑PAGE TOP

Menu