• トップ /
  • 工業製品におけるデザイン

工業デザインを手掛けるには

工業製品におけるデザイン

工業製品でのデザインの重要性

工業製品において、そのデザインがよくなければ機能がどんなに優秀なものであっても、販売で苦戦してしまいます。機能性は使用してみないとわかりませんので、このためまず顧客は製品の見ためから入らざるおえないからです。また最近においては、人間工学に則った形状の商品が注目されるようになっていますが、これはあくまで使用するのは結局、人であるという観点からです。同じ機能であれば使いやすい形状の商品を購入するでしょう。企業によっては特徴ある形状でより良いイメージを獲得したいニーズもありますから、工業の成長にはデザインはかかせないのです。

資格をとって就職につなげる

工業デザインを手掛けたいという方は、工業デザイナーになるのが一番です。しかし、どうすればデザイナーになれるのかわからないという声も少なくありません。一般的には、専門学校、大学及び短期大学で専門知識を身につけ、メーカーや専門会社の採用試験を受けるという流れになります。そして採用試験に合格すれば、晴れて念願のデザイナーになる事が出来るという訳です。また、採用試験をより有利に運ぶ為に役立つのが、資格です。CGクリエイター検定、色彩士検定といった資格を取得していると、良いアピールに繋がる事間違いありません。

↑PAGE TOP

Menu